Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

シンポジウム「大学教育におけるラーニングコモンズの立ち上げ・運営の理想と現実」

[ 編集者:広報室  2019年2月25日 更新 ]

3月2日(土) 大阪梅田キャンパス


 大学で「学生の自主的な学習の場」「主体的な学習を支援する空間」として整備されてきているラーニングコモンズ。関西学院大学の3キャンパスそれぞれのコモンズで、その活用・運営に取り組んでいる巳波弘佳教授(神戸三田キャンパス・理工学部)、時任隼平専任講師(西宮上ケ原キャンパス・高等教育推進センター)、藤井恭子教授(西宮聖和キャンパス・教育学部)らは3月2日(土)、その立ち上げや運営方法について考えるシンポジウム「大学教育におけるラーニングコモンズの立ち上げ・運営の理想と現実」を、大阪梅田キャンパスで開催します。

 ラーニングコモンズとは、活動のモードに合わせて設計されたスペースで、仲間と集まり、主体的に学び、創造する、そんな学習活動の拠点となる空間です。関西大学と関西学院大学で設置・運営に取り組んできた教員が、課題や今後の在り方について話題提供し、話し合います。
 ご多用とは存じますが、取材のご参考にしていただければと思います。
 <関西学院大学高等教育推進センターの指定研究で2年間取り組んできた成果の一部の報告です>
              記
  ■日時  2019年3月2日(土) 13:05~16:15
  ■場所  関西学院大学大阪梅田キャンパス 1004号室
   (大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー 10階) 
  ■プログラム
    13:05  話題提供(1) 岩崎 千晶 関西大学准教授
         「図書館連結型ラーニングコモンズ立ち上げ・運営の課題と挑戦」
    13:35  話題提供(2) 巳波 弘佳 関西学院大学教授(理工学部)
         「アカデミックなプロジェクトを通した学生の学びとラーニングコモンズの役割」
    14:05  話題提供(3) 藤井 恭子 関西学院大学教授(教育学部)
         「教員養成課程におけるラーニングコモンズの果たす役割」
    15:00  パネルディスカッション
          <パネリスト> 岩崎 千晶 関西大学准教授
                  巳波 弘佳 関西学院大学教授(理工学部)
                  藤井 恭子 関西学院大学教授(教育学部)
          <コーディネーター>
                 時任 隼平 関西学院大学専任講師(高等教育推進センター)
    15:30  悩みを解決! ラウンドテーブルセッション (16:15 終了予定)
   
   ■参加費    無料
   ■問い合わせ  時任隼平専任講師  jtokito@kwansei.ca.jo
   
   ※取材の問い合わせは、関西学院広報室へお願いします。