Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

映画『アイ・アム・ロヒンギャ』を上映 UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ-

[ 編集者:広報室  2018年11月9日 更新 ]

11/19(月)と22(木) 西宮上ケ原キャンパスと神戸三田キャンパスで

 関西学院大学は、「UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ-」の一環で、ミャンマーからバングラデシュに命がけで避難した14人のロヒンギャ難民を描いた映画『アイ・アム・ロヒンギャ(I am Rohingya:A Genocide in Four Acts)』を、11月19日(月)に西宮上ケ原キャンパスで、11月22日(木)に神戸三田キャンパスで上映します。

 UNHCR難民映画祭は、UNHCRが映画を通して難民への理解を広げることを目的に開催しており、難民問題の教育・啓発活動に欠かせない教育機関と連携し、「学校パートナーズ」として展開しています。今回上映する映画『アイ・アム・ロヒンギャ』は、バングラデシュに避難したロヒンギャの若者たち14人が、過去に負った拷問、殺人、レイプ、焼き討ちといった壮絶な経験を、演劇を通じて世界の人々に伝えようと立ち上がり、その過程で成長していく姿を追ったドキュメンタリー映画です。

 一般市民の方も見ることができます。ご多用とは存じますが、案内記事の掲載あるいはご取材を、ぜひともよろしくお願いいたします。

                   記

     映 画:アイ・アム・ロヒンギャ(I am Rohingya:A Genocide in Four Acts)
         カナダ/2018年/90分/ドキュメンタリー
     言 語:(音声)英語、ロヒンギャ語 (字幕)日本語、英語
     主 催:関西学院大学人権教育研究室主催
     
     <西宮上ケ原キャンパス>
     日 時:11月19日(月)16:50-18:30
     場 所:関西学院会館 光の間
     
     <神戸三田キャンパス>
     日 時:11月22日(木)15:10-16:50
     場 所:Ⅵ号館101号教室