Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

淀川キリスト教病院 柏木哲夫理事長が基調講演

[ 編集者:広報室  2017年9月11日 更新 ]

いのちに寄りそうケア -ホスピスでの経験から-

10月10日(火)15:15~ 西宮上ケ原キャンパスで


 関西学院大学は、淀川キリスト教病院との連携協定締結(2017年1月23日)を記念し、また、人間福祉学部開設10周年を記念して、10月10日(火)、一般市民の方も傍聴できる記念講演会を西宮上ケ原キャンパスの関西学院会館で開催します。淀川キリスト教病院の柏木哲夫・理事長が「いのちに寄りそうケア -ホスピスでの経験から-」をテーマに基調講演を行います。

 柏木理事長は1984年に淀川キリスト教病院に西日本で初めてホスピスを開設し、これまで2,500人を超える末期患者を看取ってきました。その経験を踏まえて、「『生命』だけでなく『いのち』をみていくことの大切さ」「多くの方々の人生の総決算の場に参画させていただくなかで、人は死を背負って生きている存在であること、人は生きてきたように死んでいくことを教えられたこと」について語り、「その人の『いのち』をみることは、その人の価値観や考え方を尊重することであり、その人全体をみることであり、自分の『いのち』をどのような形で全うし、その選択にいかに寄り添うべきなのか」を考えます。

 関西学院大学人間福祉学部は「永年の伝統を有する『関学社会福祉』の教育研究を継承、発展させつつ、スポーツ科学・健康科学教育研究及び社会経済研究の資源を活かしながら連携をより一層強めることで、様々な社会的要請に応えること」を目的として設立。2018年4月に開設10周年を迎えるに当たり、これまでの歩みを振り返るとともに今後の歩むべき方向を探り、また学部・研究科の教育・研究のさらなる活性化を図るため、2015年度より継続的に行っている記念事業の一環として本講演会を開催します。

【関西学院大学・淀川キリスト教病院連携協定締結記念・人間福祉学部開設10周年記念 講演会】


■日時:
10月10日(火) 15:15~

■場所:
関西学院西宮上ケ原キャンパス 関西学院会館レセプションホール

■参加費:
不要

■一般申し込み:
必要

■一般申し込み方法:
メール、ファックスいずれかにより申込書をご提出ください。
提出先 関西学院大学研究推進社会連携機構
FAX:0798-54-6812 メール:kgshakairenkei@kwansei.ac.jp

■スケジュール:
・開会挨拶(5分) 村田治・関西学院大学 学長
・基調講演(70分) 柏木哲夫・淀川キリスト教病院 理事長「いのちに寄りそうケア -ホスピスでの経験から-」
・閉会挨拶(5分) 大和三重・関西学院大学 人間福祉学部長