Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

第40回キリスト教美術展開催10/8(土)~12/17(土)、関西学院大学博物館で

[ 編集者:広報室  2016年10月6日 更新 ]
 関西学院大学博物館とキリスト教美術協会は10月8日(土)から12月17日(土)まで、西宮上ケ原キャンパスにある関西学院大学博物館で「第40回キリスト教美術展」を開催します。キリスト教の精神を元にして集まった美術家たちの絵画や彫刻23点が展示されます。
 同協会は20世紀に始まったキリスト教の超教派による対話と和解、一致をめざすエキュメニカル運動に呼応して創作活動を展開してきました。本美術展は、協会が発足した翌年の1973年から始まり、教派を越えた美術家の作品発表の場として、また個々の信仰を表現し福音を証する場として毎年のように開催されてきました。これまで東京が中心でしたが、開催40回を記念して、関西展を関西学院大学博物館で開催することになりました。
 出展される23作品は、協会で活躍する作家たちの作品の他、関西学院所蔵の作品の中から協会と関係の深い田中忠雄、渡辺禎雄、堀江優、鴨居玲の4作品も含まれます。
ぜひ本美術展について告知とともに、ご取材も頂きますよう、よろしくお願いいたします。


<第40回キリスト教美術展>
■期間:10月8日(土)~12月17日(土)
■場所:西宮上ケ原キャンパス 関西学院大学博物館(時計台)
■開館時間:9時30分~16時30分(入館は16時まで)
■休館日:日曜日、11月23日(祝・水)
■問い合わせ先:関西学院大学博物館 (TEL:0798・54・6054)

●開催記念講演会「イエスの視点を表現する美術とは…」
日時:10月8日(土)14時~15時
場所:関西学院開館レセプションホール(西宮上ケ原キャンパス)
講師:ジョージ・W・ギッシュ氏(山梨英和学院理事長・大学長、元日本キリスト教協議会副議長)
 ●ギャラリートーク
 日時:11月17日(木)16時~17時
 場所:関西学院大学博物館展示室


いずれも一般参加可、無料、事前申し込み不要