Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

アメフット部社会人王者に挑むも敗北―ライスボウル

[ 編集者:広報室  2019年1月3日 更新 ]
 

 

 第72回ライスボウル(アメリカンフットボール日本選手権)が1月3日、東京ドームであり、17年ぶりの日本一を目指す関西学院大学アメリカンフットボール部ファイターズは、富士通フロンティアーズと対戦。最後まで粘り強い戦いを見せましたが、17‐52で敗れました。

 

 

 第1Q残り2分、関西学院大学はタッチダウンで先制を許すと、直後の攻撃では、パスを奪われるインターセプトから再びタッチダウンを決められるなど一気に14点をリードされます。第2Qでは、WR小田快人選手(社会学部4年生)のタッチダウンやK8安藤亘祐選手(商学部3年生)の43㍎のフィールドゴールなどで10点を返しますが、相手の攻撃を止めきれず追加点を奪われ24-10で前半を終えました。

 後半に入っても苦しい戦いが続きます。第3Qには、タッチダウンを3度決められ21点を失います。反撃したい関西学院大学は、試合終了間際、主将のQB10光藤航哉選手(経済学部4年生)が走りこんでタッチダウンを決めるなど意地を見せますが、強力な相手ディフェンスの前に一度渡した流れを取り戻すことはできず、試合終了となりました。強敵相手に粘り強く戦った選手たちに、スタンドからは大きな拍手が送られました。

 

 

 2018年度の関西学院大学ファイターズのシーズンはこれで終了です。最後まで力強いご声援ありがとうございました。

関西学院大学 0-10-0-7=17
富士通    14-10-21-7=52