Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

商学部の石淵ゼミ生が商品開発コンテストで優勝

[ 編集者:広報室  2018年12月21日 更新 ]
ニチレイマグネット「壁に使うDIYマグネキット」チーム

ニチレイマグネット「壁に使うDIYマグネキット」チーム

 マーケティングを学ぶ3年生が企業から出されたテーマで商品化を目指す産学連携のコンテスト「Sカレ(Student Innovation College)2018 冬カンファレンス(最終プレゼン大会)」が12月16日、日本大学で開催され、商学部・石淵順也教授のゼミの4チームがテーマ1位となり、そのうち1チームが日本マーケティング学会賞を受賞しました。

 今年のSカレは、22大学25ゼミの336人が参加。参加学生は、11テーマの商品企画をFacebookで公開し「いいね!」で支持を集め、コメントで改善し、発売を目指します。秋カンファレンス(10月、中間コンセプト発表)でコンセプトを競い、今回の冬カンファレンスで最終プレゼンを行い、商品化権を競い合いました。最終的には、翌秋カンファレンスで発売実績にもとづき総合優勝を目指します。今年4月の応募から来年10月まで、1年以上続くプロジェクトです。

石淵ゼミ生

石淵ゼミ生

 石淵ゼミからは5チームが参加。マイナビ「低学年の登録促進グッズ」、フランスベッド「ベッド周りで使う機能的な小型家具」、ニチレイマグネット「壁に使うDIYマグネキット」、協和チャック工業「インバウンドin空港売店」の4テーマで商品化権を得ました。

 ニチレイマグネット「壁に使うDIYマグネキット」で「日本マーケティング学会賞」を受賞したチームの3人が提案した商品は、「ふぁみネット」。「お手軽に作れて孫の成長をより身近に感じることができる、ギフトアルバム作成キット」がコンセプトで、商品を購入した親が子どもと一緒にマグネットを使用したアルバムを作成して、祖父母へギフトとして送るもの。孫の成長をもっと身近に感じたいという祖父母世代からの思いに着目しました。

 3人は「インタビューやアンケート調査、コンセプトテストなどで300人以上の方々にご協力いただきました。石淵教授、優しいゼミの先輩、心強い同期に心から感謝しています。さらにパワーアップして最終報告会では総合優勝を勝ち取ります」と話しました。