Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

関西学院大学ファイターズが甲子園ボウル優勝!

[ 編集者:広報室  2018年12月16日 更新 ]

2年ぶり29回目

 

 

 第73回毎日甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)が12月16日(日)、阪神甲子園球場で開かれ、関西学院大学FIGHTERSが早稲田大学BIG BEARSに37-20で勝利し、2年ぶり29回目の優勝を達成しました。スクールカラーのKGブルーに染まった3塁・レフト側スタンドからは試合終了とともに大歓声が沸き起りました。

 2回目となった早稲田大学との対戦。ゲームは前半に大きく動きます。関西学院大学は、攻撃の最初のシリーズでRB6渡邊大選手(神学部3年生)が一気に抜け出してゴール前1ヤードに迫ると、RB26中村行佑選手(商学部4年生)が中央に飛び込みタッチダウン。キックも成功させ先制します。直後に追いつかれますが、DB45畑中皓貴選手(経済学部3年生)がインターセプトを決めるなど、堅い守りで流れを渡しません。

 

 

 第2Q、関西学院大学はランプレーと守備から一気にゲームの主導権をつかみます。DL99齋藤 圭吾選手(社会学部4年生)がゴール前1ヤードでQBサックを決めると、QB10主将の光藤航哉選手(経済学部4年生)がそのチャンスを生かしてタッチダウン。その後も得点を重ね27-7で前半を終えました。第3Qも光藤選手のタッチダウンパスやK8安藤亘祐選手(商学部3年生)のフィールドゴールでリードを広げます。第3Q、第4Qにそれぞれタッチダウンを返されますが、14点差で早稲田大学を振り切りました。

 これにより、関西学院大学FIGHTERSの2年ぶりのライスボウル出場が決定しました。ライスボウルは1月3日(木)、東京ドームで15:00にキックオフ。12月17日(月)に開かれる第32回JAPAN X BOWL(アメリカンフットボール日本社会人選手権)の勝者と対戦し、2002年以来2度目となる「日本一」を目指します。引き続きFIGHTERSを応援しましょう!