Instagram Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

新入生ら約400人が訪問/15団体参加し、「ボランティアEXPO」開く

[ 編集者:広報室  2018年4月13日 更新 ]
 

  【 クリックすると大きい画像でご覧いただけます。 】

 学内外で活動するボランティアサークルが集い、日ごろの活動を紹介する「ボランティアEXPO」が12、13日の2日間、西宮上ケ原キャンパスG号館で開かれました。15団体が参加。会場には2日間で新入生ら計約400人が訪れ、先輩たちから活動内容などを熱心に聴き入っていました。

 

  【 クリックすると大きい画像でご覧いただけます。 】

 様々なボランティア団体の活動を広く知ってもらおうと、学生や教職員の有志によって10年前に始まった催しで、2年前からはボランティア活動支援センター(ヒューマン・サービス支援室)が引き継いでいます。今年は、小学生対象のキャンプやマレーシアでのワークキャンプなどに取り組む「K.G.BrainHumanity」、フィリピンの孤児院支援や東日本大震災の復興支援などを展開する「関西学院上ヶ原ハビタット」、地域活動に取り組む「地域フィールドワーク宝塚」「学習ボランティアサークルALIVE」などが参加した。活動内容をテーマごとに分けると、「こども・教育」「福祉・医療」「国際」「環境」「地域・災害」と多岐にわたり、新入生たちは、関心のある団体のブースに行って説明を聞き、質問をぶつけていました。

ボランティア活動に関する相談は随時、ヒューマン・サービス支援室で受け付けています。

 

  【 クリックすると大きい画像でご覧いただけます。 】