Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

黒瀬俊・理工学部教授と森田雅也・文学部教授が日本学術振興会より表彰状

[ 編集者:広報室  2017年9月8日 更新 ]
 

左から森田教授、村田学長、黒瀬教授 【 クリックすると大きい画像でご覧いただけます。 】

 黒瀬俊・理工学部教授と森田雅也・文学部教授が日本学術振興会(JSPS)から平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査員の表彰を受けることになり、9月8日に、西宮上ケ原キャンパス・学長室にて村田治学長から表彰状を受け取りました。
 特別研究員事業及び国際交流事業における選考審査は専門的見地から2段階、または3段階で行われますが、第1段の書面審査は、すべての審査の基盤となるため、その役割は非常に重要です。同会では、当該検証結果に基づき、書面審査において有意義な審査を付した専門委員等を表彰しており、今年度は書面審査を行った約1,500名の専門委員等のうち、表彰対象の2年目にあたる約600名の中から158名が選ばれました。
 黒瀬教授は「ピアレビューは責任ある仕事だが、私自身、非常に勉強になりました。このような賞を受賞できて嬉しい」と話し、森田教授も「研究人口が多く、伝統ある日本文学という分野での受賞は大変名誉なこと。嬉しく思います」と喜びを語りました。