Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

「オーストラリアと日本を中心とした移民研究」 長友淳 国際学部准教授

長友淳 国際学部准教授


【専門分野】
 移民研究、オーストラリア社会、日本社会

【研究内容】
 私の専門は社会学および文化人類学で、主に移民研究を行っています。

 具体的には、オーストラリアへの日本人移住者、そして国内では、島根県隠岐諸島へのIターン移住の研究を行っています。かつての移民の大半は、経済的動機が大きな要素を占めていて、つまり移住せざるを得ないために移住していたわけですが、現代の中間層の移民はそうではありません。海外生活や英語への関心、自分探し など、様々な要素が移住の推進力となっています。このような社会構造上のプッシュ要因、プル要因では説明しづらい現代的な人の移動について、聞き取り調査と参与観察からなるフィールドワークを行い、ミクロな視点で移住プロセスや定住プロセスを研究しています。