Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

「幼児期から児童期における音楽教育」 長島礼 教育学部専任講師

長島礼 教育学部専任講師


【専門分野】
 子どもの音楽教育、器楽(ピアノ)

【研究内容】
 私の研究テーマは、「子どもの成長発達と音楽教育について」です。特に、スイスの音楽教育者であるダルクローズが創案した「リトミック」という音楽の教育方法論を拠り所にして研究を進めています。リトミックの特徴である「筋肉感覚を通した音楽理解」という考え方は、「感覚的に音楽を理解する」幼児から児童期前期の子どもの特性を活かした教育方法を考える上で、役立つと考えています。

 音楽活動には、「歌う」「演奏する」「作る」「聴く」といった活動がありますが、いずれも「子どもの自主的な活動である」ということが根底にあり、音楽を媒体とした自己表現の楽しさや、自己実現の充実感を体験できるような活動でありたいです。保育所や幼稚園、小学校においても、子どもの実態を捉えたカリキュラムの立案はもとより、保育者や教師と子ども、或いは、子ども同士の人間関係を、より豊かに構築する活動であるべきです。

 私自身が音楽することを楽しむ存在であり続けながら、教育の場において実践に役立つような課題を研究テーマとし、精進していきたいと思っています。