Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

「蓄電に関する新しい材料の開発」 吉川浩史 理工学部准教授

吉川浩史 理工学部准教授


【専門分野】
 電気化学、物性化学、無機化学、放射光科学

【研究内容】
 近年、環境問題やエネルギー問題などから、高性能なエネルギーデバイスの開発が必要不可欠となっています。なかでも蓄電デバイスは、様々な用途から現代社会の根幹をなすもので、今なお、各種用途ごとに最適な高性能蓄電材料の開発が求められています。

 例えば、遷移金属酸化物を正極とするリチウムイオン電池は現在、様々なところで利用されていますが、材料および原理の両面から、これを真の意味で越えるような電池の実現が望まれています。

 私のグループでは、大容量や急速充電をキーワードに、有機小分子や高分子から無機物質、有機無機複合材料、炭素材料にいたるまで様々な物質群を対象とした新しい蓄電材料の開発研究を進めています。