Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

「環境に優しい触媒を用いる有機合成化学」 白川英二 理工学部教授

白川英二 理工学部教授


【専門分野】
 有機合成化学、有機金属化学、触媒反応

【研究内容】
 私たちの身の回りは、プラスチックなどの生活に欠かすことのできない人工的な有機化合物で満ち溢れています。有機化合物の骨格は炭素同士の結合で作られるため、有機化合物の合成を研究対象とする有機合成化学の分野において、炭素−炭素結合を作ることは最重要課題の一つです。

 私の研究室では、その炭素−炭素結合形成反応の新しい手法の開発に取り組んでいます。例えば、ベンゼン環同士が繋がったビアリール構造は、医薬品や液晶などによく見られる重要な構造ですが、ベンゼン環同士を直接結び付けるクロスカップリング反応には、パラジウムのような存在量に限りがある高価な遷移金属を触媒として用いる必要がありました。これに対して私達は、パラジウムの代わりに電子一つを触媒とすることによってもクロスカップリング反応が進行することを見つけました。クロスカップリング反応にパラジウムをうまく使ったことに対して2010年にノーベル化学賞が授与されましたが、パラジウムの僅か20万分の1の質量しか持たない。普遍的に存在する電子が、同じ役割を果たすことを明らかにしたわけです。

 今後関西学院大学の触媒有機反応化学研究室において、電子触媒と遷移金属触媒、それぞれの長所を活かした様々な有用な反応の開発に取り組んでゆきたいと考えています。