Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

『発展』と『継承』

~ 「変わった」けれど「変わらない」 ~

(左)【1929年】上ケ原キャンパス開設、(右)【2014年】創立125周年

(左)【1929年】上ケ原キャンパス開設、(右)【2014年】創立125周年

~ 変わらない佇まいを保ちながら規模拡大、施設・設備の・近代化・高度化を進める ~

(左)【1929年】上ケ原キャンパス開設、(右)【2014年】創立125周年

(左)【1929年】上ケ原キャンパス開設、(右)【2014年】創立125周年

~ 継承されるキャンパスの「骨格」 ~

正門から中央芝生、時計台、図書館、甲山への主軸。これに直交する4本の副軸。 この軸線構成が、キャンパスに秩序を与えている。

甲山を背景にした主軸、主軸に直交する副軸

「ブロック配置のシンメトリー性」と「ファサードヴォリウムの階調」

左から、「中央講堂」「経済学部」「時計台」「文学部」「神学部」

左から、「中央講堂」「経済学部」「時計台」「文学部」「神学部」

誰もが「美しい」景観と感じる構成要因は、

●「時計台を中心とする全体配置のシンメトリー」と「個々の建物のシンメトリー」の重層性
●中央芝生を囲む建物のファサード、ヴォリウムの階調が整っている

この二点にある。

~ スパニッシュ・ミッション・スタイルの確立 ~

~ スパニッシュ・ミッション・スタイルの確立 ~

<左>赤いスパニッシュ瓦とスタッコ壁+シンメトリーなファサードと樹木配置
<中央>赤いスパニッシュ瓦とスタッコ壁+コートヤード(中庭)
<右>赤いスパニッシュ瓦とスタッコ壁+池を囲むアーチの回廊

~ 美しいキャンパスを守る ~

時計台


建物・外構・植栽、連綿と続く細心の維持・管理

~ キャンパスは、建学の精神の象徴として ~

(左)C.J.L.ベーツ第4代院長、(右)神戸・原田の森から西宮上ケ原に移転したとき

(左)C.J.L.ベーツ第4代院長、(右)神戸・原田の森から西宮上ケ原に移転したとき

 関西学院が1929年、神戸・原田の森から西宮上ケ原に移転したときに、この開放的なキャンパスをC.J.L.ベーツ第4代院長が“We have no fence”と評したという。

 それは物理的な意味だけでなく、教職員、学生、学問分野を分かつ垣根もなく、大学と社会、国境という垣根すら意識させない新しい社会を創造する気概を意味していた。創立時からの国際性の涵養や、スクールモットー“Mastery for Service”(奉仕のための練達)に基づいた教育、学部の垣根を越えた学際的教育等が継承されてきている。

~ “We have no fence” ~

時計台

 上ケ原キャンパスの設計思想のひとつとして継承されてきた“We have no fence”は、文字通り「垣根なきキャンパスとして」市民にも広く開放され、歴史的建造物に囲まれた散策の道として、地域住民憩いの場として愛されている。

~ 「文教住宅都市」西宮市の象徴 ⇒ 西宮市初の景観地区指定へ ~

上ケ原地区の空撮写真

 上ケ原地区は、1958年に都市計画法が規定する特別用途地域である「文教地区」に指定されている(東京都国立市に次いで日本で二番目(西日本初))。これに次いで、西宮市は、1963年に文教住宅都市宣言を行っている。

 また、現在上ケ原キャンパスを含む周辺地区を「景観地区」に指定する方向で調整が進められている。これによって、街並みと調和した景観を維持しながら、関西学院の弾力的な整備計画と、更なる環境の向上が期待される。