Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

くまモンが社会学部の授業にやってくる 広告文化論「熊本県のブランド戦略」

[ 編集者:広報室  2017年5月17日 更新 ]

5月17日(水)15:10~16:40 西宮上ケ原キャンパスで

 関西学院大学社会学部の開講科目「広告文化論」で5月17日(水)、熊本県営業部長兼しあわせ部長「くまモン」が登壇します。
 この日のテーマは「くまモンと熊本県のブランド戦略」。熊本県庁の職員がゲストスピーカーとして熊本県の事例を紹介します。熊本県のブランド戦略や広告コミュニケーションの成功事例を通じて、社会問題となって久しい地域の課題の解決や、活性化について考えます。
くまモンは授業の途中に「サプライズ」登場します。くまモン体操を披露するほか、教室全体で学生らと記念写真の撮影も行います。


<広告文化論について>
広告やコミュニケーションを通じて、その背景にある文化、社会、時代、生活者の意識を考察することを目的としています。受講生は、広告の仕組み、メディア環境への理解を深め、今の時代にコミュニケーションする(伝える、伝わる)ことを「自分ごと」としてとらえ、考えられるようになることを目指します。「広告の基礎」「生活者を考える」「メディア環境変化とコミュニケーション」のパートに大きく分けて、各パートの節目にゲストスピーカーに語っていただいています。
■担当教員:鈴木雄介・社会学部非常勤講師(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ)
■受講人数:400人

<くまモンが登壇する授業について>
■日時:5月17日(水)15時10分~16時40分
■場所: 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 社会学部101教室
■一般の方の受講、聴講はできません。