Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

5/20 シェイクスピア没後400年公演「テンペスト」

[ 編集者:広報室  2016年4月27日 更新 ]

英国人俳優による言語上演・日本語字幕付き・大学教員による作品解説も

 関西学院は5月20日(金)、ウィリアム・シェイクスピア没後400年を記念して英国の劇団インターナショナル・シアターカンパニー・ロンドン(ITCL)を招き、西宮上ケ原キャンパス・中央講堂でシェイクスピア最後の作品劇「テンペスト」(嵐)を上演します。
 演出は、英国王室より勲章を授与され、音楽とドラマが絶妙に融合された独特の演出で高い評価を得ているポール・ステッビングズ氏。6人の役者が複数の役をこなすのが見どころです。生の英語、文学、異文化に触れ、また原語の台詞の持つ響きの美しさを味わう機会ともなります。
 本公演は、中央講堂が学術・文化の発信の拠点となることを願い、また、関西学院大学が文部科学省のスーパーグローバル大学創生支援に採択され、関西学院高等部と関西学院千里国際高等部がともにスーパーグローバルハイスクールに指定されたことをふまえ、グローバルな文化的活動の一つとして企画しました。
 一般の方にも参加いただけますので、ぜひ紙面等での告知並びに取材頂けましたら幸いです。

インターナショナル・シアターカンパニー・ロンドン日本公演
シェイクスピア没後400年公演「テンペスト」
■日時:2016年5月20日(金)開場14時40分 開演15時10分 
 15時10分~15時20分 桑原圭裕・関西学院大学文学部准教授による作品説明
 15時20分~17時50分 「テンペスト」上演 (インターバル15分含む)
 17時50分~18時20分 学生と劇団員のインタビューセッション

■場所:西宮上ケ原キャンパス 中央講堂
■申込み方法:関西学院大学HP(http://www.kwansei.ac.jp)から申込み要。定員になり次第、受付を終了。
■一般からの問い合わせ先:関西学院教育連携室(TEL0798・54・7480、平日9時~16時30分)
■使用言語:英語(日本語字幕あり)
■主催:関西学院

※同日12時45分~13時25分、西宮上ケ原キャンパスで在学生を対象に劇団員による演劇ワークショップを開催。
※同公演は5月15日(日)16時~、関西学院千里国際キャンパス・シアターでも在学生・一般を対象に上演します。(既に受付は終了しています)