Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

関西学院高等部グリークラブに新たな歴史 14名の女子部員が入部 初の混声演奏会

[ 編集者:広報室  2016年1月26日 更新 ]
 関西学院高等部グリークラブが定期演奏会「第53回ファミリーコンサート」を1月31日(日)、兵庫県川西市の川西市みつなかホールで開催します。2015年度からの共学化にともない、創部68年の高等部グリークラブで、初の女子部員14名(全部員は44名)がステージに立ちます。
 同コンサートで、女子部員は第2、3、4部に登場します。第2部では女声ステージとして、「寺山修司による6つのうた『思い出すために』より」をテーマに、曲調の違う3曲を披露。高音でのフィニッシュなど、女声らしさを楽しむことができます。第3、4部では男子部員とともに、関西学院グリークラブ(大学)、高等部グリークラブOBらとグリークラブ愛唱曲集を歌います。新たに混声パートができたことで、声域や表現の幅が広がっています。


 女子部員の前田優希さん(1年生)は「当初は『伝統を壊すのでは』と不安もありましたが、コンクールや練習を重ねるうちに、『伝統を守りながら新たな風を吹き込みたい』と感じるようになりました。ファミリーコンサートでは女声でも会場を盛り上げて、成長した姿や団結力を見て欲しいです」と意気込んでいます。
 顧問の西室雅央・教諭は「上級生が下級生の面倒を本当に良くみてくれた1年間でした。男女ともに互いの良さを引き出そうと気遣いながら、『自分たちのパートは負けないぞ』という意欲を感じ、よりレベルアップできていると思います。男声、女声、混声、すべての形態の合唱をお楽しみください」と話しました。

<関西学院高等部グリークラブ第53回ファミリーコンサート>
■日時:2016年1月31日(日)  ■場所:川西市みつなかホール(兵庫県川西市)
■開場:14:30 ■開演:15:00
■その他:入場無料、全席自由(満席になり次第、入場を制限させていただきます。ご了承ください。)

<高等部グリークラブ>
1948年創部。1951年から関西コンクールで7年連続優勝、1956年と1957年には2年連続で全国優勝するなど、輝かしい成績を残してきました。部員数が減少した1990年代も当時の部員の必死の努力のおかけで歴史を繋ぎ、2000年以降は関西コンクールで金賞を多数受賞。2007年、2008年、2012年に全国大会に出場するなど伝統あるクラブです。ファミリーコンサートは、1962年から開催しています。