Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

今秋、「ライフデザインと仕事(外資系企業編)」を開講 有名外資系企業のビジネスパーソンから学ぶ

[ 編集者:広報室  2015年10月16日 更新 ]
 関西学院大学は、有名外資系企業(日本GE株式会社、ネスレ日本株式会社、日本マイクロソフト株式会社など)のご協力のもと、外資系企業における授業科目「ライフデザインと仕事B<外資系企業編>」を今秋、開講しました。
 社会のグローバル化が進むなか、働き方や人事制度等が異なる外資系企業への学生の就職が今後、増加することが予想されます。これにあわせて関西学院大学では日本企業でのキャリアデザインを学ぶ「ライフデザインと仕事」を再編し、日本企業編A、外資系企業編Bとして新たに開講することにいたしました。
 外資系企業に特化した科目は関西の大学では珍しいもので、講義による座学だけにとどまらず、グループワークも実施。さらに学生と現役の外資系企業の社員が意見を交わすことで、世界で通用するコミュニケーション能力を養う機会にもしています。特にGEは社員教育の独自のシステムを持っていることで知られています。今回はその知見を活かして根回し術や交渉などのワークショップなども実施します。


■日時:10月22日(木)15時10分~16時40分  西宮上ケ原キャンパス G号館326
■科目名:「ライフデザインと仕事B(外資系企業編)」
■講義タイトル:「外資系企業とキャリア1 日本GE株式会社」
 ・グループワーク GE流Workshopの実践(根回し術の科学的アプローチ)Change AgentとLeadership
■登壇者:上月孝男氏・日本GE株式会社 GEキャピタル リスク統括本部 コレクション本部本部長
■対象:全学部、1年生以上対象
■単位:2単位 ※秋学期:木曜日4時間目(15時10分~16時40分)