Facebook Youtube Twitter LinkedIn

交通アクセス

2017年度春学期関西学院大学入学式を挙行 ~4月1日・3日~

[ 編集者:広報室  2017年4月3日 更新 ]
入学式の様子

入学式の様子

 2017年度春学期の関西学院大学入学式が4月1日・3日、西宮上ケ原キャンパスで挙行され、約6,200名の学生が入学しました。

村田治・関西学院大学長

村田治・関西学院大学長

 村田治・関西学院大学長は式辞で、世界の多極化やAIの発達により激変する経済状況に触れ、「このような時代に大学生活をどのように過ごせばよいのでしょうか。知識や技術を身につけることは大前提ですが、むしろ知識や技術だけではない能力を身につけることが大切となります。具体的には、新しいものを生み出す創造性や解のない課題に立ち向かうチャレンジ精神が必要となります」と述べ、「そのような資質を身につけるため、何かに徹底的に打ち込んでほしいと思います。重要なことは、必ず複数のことを同時にチャレンジすることです。それはイノベーションや創造性は、異なった領域に属する知識や知恵が結合した時に生まれるからです。ぜひ、学生時代に二つのことを同時にチャレンジする習慣を身につけてください。」と激励。その上で、「自分自身にチャレンジし、自己を鍛え、世界に羽ばたいて世界人類に貢献するという高い志をもった〝Mastery for Service″を体現する世界市民に育ってほしい」と語りかけました。

田淵結・関西学院長

田淵結・関西学院長

 田淵結・関西学院長は祝辞で「関西学院大学やそれぞれの学部や学科に入学されたというだけではなく、関西学院という7つのキャンパスにある10の学校全てを学びや活動の場とし、関西学院全体の動きに興味や関心を持っていただき、関西学院の様々な活動に積極的に参画いただきたいと思います。関西学院に連なる『We are KWANSEI ! 』の仲間として、共に歩みを続けていきましょう」と話しました。また、「スクールモットー〝Mastery for Service”をいつもどこかに意識して学生生活を過ごしてほしい。これからの関西学院での学びを通じ、他者に対し、世界に対し、本当に意味がある有効なサービスを提供できるだけの実力を身につけていただきたい。また、自分のために生きるというだけではなく、他者と共に生きるという考え方を、学生時代に身につけてほしい」と述べました。

入学式の録画映像はこちらから

4月1日(理工学部、総合政策学部、教育学部)

4月3日午前(神学部、社会学部、法学部、人間福祉学部、国際学部)

4月3日午後(文学部、経済学部、商学部)